『シップ・オブ・ザ・ダムド』の結末解説と映画の要約:エレナは船から脱出したのか?

スティーブ・ローソン監督の2024年公開映画『シップ・オブ・ザ・ダムド』は、人食い人種でいっぱいの呪われた船を舞台にしています。乗組員は人食いであるだけでなく、岸にたどり着くことができない呪いをかけられており、過去500年間漂流したままでいる運命にあります。主人公のエレナは、古い船やボートの研究に何年も費やしてきました。元ボーイフレンドのマイケルの助けを借りて、彼女はついにこの伝説の呪われた船の場所を発見します。彼らが研究を始めると、疑問が浮かび上がりました。彼らは人食い人種の乗組員に遭遇するのでしょうか?そしてもっと重要なのは、エレナは生きて脱出できるのでしょうか?このスリリングな物語に飛び込み、映画『シップ・オブ・ザ・ダムド』の謎を探りましょう。

スポイラー警告

トニーに何が起こったのですか?

Ship of the Damned では、エレナという賢くて美しい女性が親友のチャーリーと一緒に暮らしています。エレナは多くの長所があるにもかかわらず、何年も独身でした。彼女の最後の交際相手はマイケルという男性で、4 年前に破局しました。彼らは 1 年半一緒に暮らし、マイケルはプロポーズもしましたが、エレナは落ち着く準備ができていませんでした。彼女はもっと冒険したかったので、彼らは別れました。マイケルが前に進んでおらず、エレナと連絡を取り続けたいのは明らかでした。彼女はマイケルが良い人だとわかっていましたが、彼には嫌いなところがありました。おそらく、彼は少し退屈で単調で、冒険心がないのでしょう。チャーリーは、この町で良い男性を見つけることはまれだと彼女に思い出させ、マイケルと連絡を取り続けるようにエレナを励ましました。友人のアドバイスに従って、エレナはマイケルからの電話を受け、衝撃的な事実を知りました。島の海岸沖で古い船が目撃されたのです。

マイケルは、エレナが 17 世紀の海上船を研究するのがどれほど好きなのか知っていました。彼は海上沿岸警備隊に勤めていたため、船に入ることができ、エレナに研究をするよう誘いました。船内に入ることは禁じられていましたが、マイケルはエレナへの愛情を示すために、規則を曲げることもいといませんでした。エレナは船の状態に興奮しつつも困惑していました。こんなに古い船なら、塩水で腐っているはずですが、奇妙なことに手入れが行き届いているようでした。好奇心をそそられたエレナは、2 人の人に調査を手伝ってくれるよう頼みました。彼女は、宝物が見つかるかもしれないと期待しながら、古い海賊船での探し方を教えました。しかし、男の 1 人であるトニーが呪われた乗組員によって船の中に閉じ込められ、事態は暗転しました。この海賊たちは、決して岸にたどり着くことができないという呪いをかけられ、500 年間船で暮らしていたのです。 1622 年当時、彼らは残忍な殺人者で、呪いをかけた魔女を含め、あらゆるものを略奪していました。それ以来、彼らは人間を殺して食べることで生き延び、それが彼らを信じられないほど強くしました。悲しいことに、トニーも同じ運命をたどりました。彼らは彼をベッドに縛り付け、四方八方から刺し、肉と脳を食べ始めました。エレナとマイケルは、船で彼らを待ち受けている恐怖について何も知りませんでした。

なぜ乗組員はエレナを必要としたのですか?

エレナとマイケルはトニーがどこにいるのか全く知らなかった。マイケルが職を失う可能性があるため、許可なしに船内に入ることはできないと知っていた。それでも、マイケルはエレナのために危険を冒す覚悟だった。船内に入ると、その状態に魅了されたが、すぐに音が聞こえ始めた。この古い船に誰が生きているのか?そんなはずはない。彼らはこれから何を発見するのか全く知らなかった。彼らはトニーのバラバラになった体が縛られ、乗組員に食べられているのを見た。彼らは当然恐怖に震えた!しかし、彼らが立ち去ろうと思ったとき、乗組員が彼らに気づいた。それで終わりだった。エレナとマイケルは両方とも人質となり、船の監獄に閉じ込められた。エレナは、こんなに古い船で人がまだ生きていることが理解できなかった。彼女はこれから何を発見するのか全く知らなかった。船長のジェイコブと彼の部下のギャリックは、彼らが呪われている理由、彼らが人肉を食べてきた理由、そして彼らが何年もこの船に乗っていた理由についての古い物語を彼らに語った。 彼らは耳にしたことを信じることができませんでした。乗組員が呪いから解放されるには、エレナが乗組員の誰かと寝て子供を産む必要があることを知りました。エレナは呪われていないので、彼女の子供は呪いから解放されて生まれ、乗組員はついに運命から逃れることができるのです。彼らはエレナの運動能力の高い体で健康な子供を産むのに十分すぎると考え、マイケルを殺して健康な子供が生まれるまでエレナを一緒に留めておくつもりでした。また、船は岸から遠く離れているため、エレナが逃げたいと思っても逃げられず、乗組員と一緒にいなければならないことも知っていました。

エレナは船から逃げたのですか?

これらすべてを聞いた後、マイケルは元ボーイフレンドとして守ってくれる存在として、ジェイコブに戦うと告げた。マイケルが勝ったら、ジェイコブはエレナを手放さなければならなかった。ジェイコブは同意したが、悲しいことにマイケルに負けてしまった。しかし、エレナがいた。彼女は本物のアスリートで、戦い方を熟知していた。彼女はジェイコブを倒すために挑戦した。ジェイコブは男なので、女性と戦う気はなかったが、彼女に負けるとは思ってもいなかった。明らかに、それは彼の男としての自尊心を傷つけ、彼は再び二人を人質にした。今までは乗組員は彼らと交渉する気があったが、もうそうではない。彼らは、自分たちの望みをかなえるために、無理やり彼らを説得しなければならないと決めた。しかし、エレナとマイケルは彼らにとってあまりにも狡猾だった。彼らは、40年ほど前に略奪した海賊の船室に無線機があることに気づいた。船の経験があるマイケルは、その操縦方法を知っていました。彼はそれを使って別の船と連絡を取り、自分たちがどこを航行しているのかわからなかったので、ヘリコプターで助けを求めました。マイケルは本当に救世主でした! しかし、ジェイコブは彼らの計画に気付き、背後からマイケルを殺した。エレナはずっと冷静でいようとしていたが、もうそうではなかった。彼女はナイフを取り、ジェイコブを刺した。その間にヘリコプターが到着し、彼らの船を発見し、エレナはなんとか船から逃げることができた。

岸に着いた後、エレナはギャリックが言ったことを思い出した。船に乗ったことがある人は呪われているのかもしれない、なぜなら一度船に乗ると、完全には抜け出せないからだ。彼女は呪いから逃れたと思ったが、完全には逃れられなかったのかもしれない。彼女は肉体的には自由になったが、精神的にはまだ囚われていたのだと思う。なぜか?私たちはエレナが船での恐ろしい体験と、目の前でマイケルを失った経緯を語るのを見た。彼女が親友のチャーリーと話しているとき、私たちはエレナがチャーリーと、彼女のすぐ横のテーブルに置いてあるナイフを見ていることに気づいた。人食い海賊船で過ごした時間が彼女自身を人食いに変えたのだろうか?彼女は彼らの癖に呪われていたのだろうか?彼女の親友が彼女の最初の獲物になるかもしれない!

We need your help

Scan to Donate Bitcoin to eMagTrends
Did you like this?
Tip eMagTrends with Bitcoin