『アンダー・パリ』(2024)キャストとキャラクターガイド

Netflix のおかげで、久しぶりにジューシーなサメホラーを観ることができる。グザビエ・ジャンスの『アンダー・パリ』は、近年質の悪い安っぽい映画が蔓延しているこのジャンルに新風を吹き込む作品だ。この映画を楽しむのにサメ映画のファンである必要は必ずしもない。この映画はサメ映画以上のもので、あらゆる観客に楽しめるものを提供している。パリのセーヌ川を舞台にした『アンダー・パリ』のキャスト陣は、大喝采に値する。この新しい Netflix 映画に登場する主要キャストは、次のとおり。

ネタバレ注意

ベレニス・ベジョ(ソフィア役)

ヒース・レジャー主演の映画『ナイト・テイル』のクリスティアナ役で広く知られるベジョは、『アンダー・パリ』で主人公のソフィアを演じる。ソフィアは海洋生物学者で、プラスチックごみが海洋に甚大な影響を与えている世界で、クジラやその他の海洋生物の保護に取り組むチームを率いてきた。ソフィアは太平洋ゴミベルトでの任務中に、リリスという名のサメに海中で全滅させられ、夫と乗組員を失った。最善を尽くしたにもかかわらず、彼女は彼らを救うことができず、一緒にいて安心できる唯一の人々を失ったトラウマを抱えている。3年後、ソフィアは以前と同じように傷ついたままで、子供が彼女のチームについて冗談を言うと、彼女がすぐに暗い場所に落ち込んでいくのがわかる。肩にのしかかる悲しみは彼女にとって重すぎた。同じサメが彼女の人生に戻ってきて、それがパリにあることを知ったとき、彼女は過ちを正すチャンスを得る。 セーヌ川は淡水河であるにもかかわらず、リリスはそこで生き延びるために適応しており、リリスをセーヌ川から追い出そうとする中で、ソフィアは想像以上に多くのものを失った。彼女の既存のトラウマが十分ではなかったかのように、リリスは映画を通して彼女の目の前で何百人もの人々を殺している。しかし、すべての混乱とサメの真っ只中で、ソフィアは彼女を幸せにする人を見つけたかもしれない。彼女はアディルが彼女に謝罪した後、彼に好意を抱き、映画の終わりには彼の命を救う。

アディル役のナシム・ライス

ナシム・リースは、カメラの前に立つことのなかった時にはキックボクシングの全国チャンピオンで、アルジェリア系フランス人俳優です。リースは、パリのセーヌ川を守る河川旅団の隊長アディルを演じています。アディルは、現代の絶滅危惧種である理想の警察官と呼ばれるタイプです。命の危険にさらされた状況で恐怖を感じ、戦友が彼を必要としているときに彼らを見捨てたため、軍を去りました。アディルは勇気のなさを克服できず、自分のキャラクターが十分でないと責め続けました。しかし、これは決して彼を臆病者にするものではありません。彼は自分の過ちを認め、自分の弱さを見せる勇気があるからです。アディルは勇敢で、正しいことのために立ち上がります。ソフィアがセーヌ川を再び安全にしようとしたとき、彼はそうしました。アディルは、セーヌ川の爆発の余波を見るために生き残った数少ないキャラクターの1人で、彼はずっと無意識のうちに恋をしていた女性と一緒にいます。

ミカ役のレア・レヴィアント

レヴィアントは、海洋活動家ミカで、「Save Our Seas」という団体を運営しています。ミカは、リリスが引き起こす惨劇を知らなかったにもかかわらず、ソフィアをアパートから連れ出し、リリスのもとに戻しました。ミカは海の生き物に共感的で、彼らのために特別な行動を取ることもあります。ミカは警察に協力し始めてからソフィアに直接反対するので、ミカを「目覚めた」と呼ぶのは簡単ですが、そうではありません。ミカは誤解されたキャラクターで、自分の無邪気さに囚われています。ミカはリリスが殺されることを望まず、リリスを救うためにあらゆる手段を講じました。

パリ市長役のアンヌ・マリヴァン

マリヴィンはフランス映画界のベテランで、彼女の演じる役は横柄な女性で、たまたまパリ市長という役柄です。いわゆる「愛の都」の市長が、PR のためだけに数え切れないほどの命を危険にさらすことに固執するのは皮肉なことです。彼女は共感の心がまったくなく、セーヌ川に殺人サメが逃げていることを十分承知しながら、トライアスロンの開催を強行しました。彼女は結局、自分の傲慢さの代償として、愛する街がサメの群れに襲われることになりました。

その他のキャラクター

森本渚は、Save Our Sea Foundation の技術専門家で、ミカの最も親しい友人であるベンを演じています。彼女はまた、ミカの恋人でもあり、彼女の風変わりで気楽な行動を嫌っています。ベンは映画を通してミカのそばにいますが、ミカがリリスを地下墓地に誘い込む計画について警察に通報するという正しい行動をとります。彼女の死は不幸で胸が張り裂けるようなもので、彼女はスクリーンに映るわずかな時間の中で印象に残ります。

オーレリア・プティは、セーヌ川を監視し保護する河川旅団の長アンジェルを演じています。アンジェルは、部下を気遣い、市長の前で市民の幸福を訴える素晴らしい上司です。彼女は周囲の状況をよく把握しており、軍がセーヌ川に向けて猛烈に銃撃し始めたときには停戦を叫びます。アンジェルは、この映画の中で、本当に善行をしたいと思っていたが権力者によって抑圧された人々のグループに属しています。

ジョナス・ディナルは、パリの路上でホームレスとして暮らし、リバー・ブリゲードの仲間であるアデワレを演じています。アデワレは心が広く、リバー・ブリゲードの仲間たちに協力的で、かわいい犬を飼っていました。それが、私がこの記事で彼について触れようと思った理由かもしれません(すみません?いいえ)。しかし、彼はパリでリリスの2番目の犠牲者になります。リリスという響きはいいですね。オリジナルのタイトルではなく、この映画にこのタイトルを付けてもよかったのではないかと思います。

We need your help

Scan to Donate Bitcoin to eMagTrends
Did you like this?
Tip eMagTrends with Bitcoin